2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カメラアクセサリー

2017年3月11日 (土)

OM-D E-M10 MarkⅡにカメラグリップを装着してみました!

          

               あれから6年。被災された方につきましては心よりお見舞い申し上げます。

*****************************************************


先日の事ですが、E-M10 MarkⅡのオプションで販売しているカメラグリップ(ECG-3)を買って装着してみました。
とはいっても新品は高いのでなかなか買おうとは思っていなかったのですが、たまたまネットで美品の中古を見つけ新品の約半値くらいで購入することができました。
E-M10 MarkⅡはコンパクトさゆえにとても機動性はいいのですが、その形状からお世辞にもグリップし易いとはいい難いのも事実。そんなふうに感じておられる方も少なからずいらっしゃることと思います。このグリップはバッテリーグリップとは違ってグリップするだけなのでそれほどデカくならず、見た目もわりとスッキリとした印象です。


1489225654199_2


1489225679804_2


1489225696427


1489225710416


1489225744029



            底のレバーをスライドさせたままグリップを持ち上げるとこんな感じに外れます。グリップはプラスチック製です。1489225756368


それで実際に使ってみた感想は結論から申し上げますと、手持ち撮影される方の場合、

     ゼッタイに おススメ!  です。

特別それほど手が大きくない人でもこのグリップを着けることによりカメラのホールド性は格段にアップします。ということはカメラをしっかりと構えることができるので手振れに対してもより強くなるのでは!?、そんな感じさえします。
ちなみにこのグリップ自体の重さを計ってみたら、約90gでした。E-M10 MarkⅡに装着するとE-M1とほぼ同じくらいの重さになってしまいますが、まぁこれは仕方がないですね。これでも軽いほうではないでしょうか。
ただし三脚使用が多い方の場合あまりメリットはないかもしれません。どのみちバッテリーやら、SDカードやら交換したい場合は雲台から外すことになってしまうので。(汗)  でも私は手持ちでも三脚使用でも付けっぱなしにしています。(笑)




カメラ(OLYMPUS) ブログランキングへ

 

2014年11月29日 (土)

想定外だった出費!

D3


とうとうダメになってしまったD3のバッテリー。当初劣化度「2」だったとはいえ、まさかこんな早くに寿命がくるとは。
このままの状態では撮影もできないので、想定外の出費になってしまったが先日新品のバッテリーを新調した。
ネットで最安値を調べると大体13000円位だった。私は送料込、代引き手数料無料だったコ○マ電機のネットショップで
購入した。しかも貯まっていたポイントを少し使いジャスト10000円でゲットすることができた。
この金額で互換品ならうまくすれば2~3個買えるのだけれども、私は何度か過去に互換品で嫌な思いをしているので
それ以来バッテリーを買い換える、もしくは追加購入の場合は絶対メーカー純正品を使うことにしている。
この「EN-EL4a」というバッテリー、実はD3以前のD2から使われている。割りと息の長いモデルである。
これで心置きなくまた撮影に専念できるが、販売終了になる前にもう1個買っておこうかな~!?

2014年5月26日 (月)

CFカードアダプター!

なぜD300sではなくD300を選んだのか? 誰しもそう思うであろう。
順当にいけば後継機のD300sを選んだ方が、何年かはアフターの面で安心できると思うし、進化した部分も垣間見ることができるであろう。
理由は至って単純。予算(価格)の都合なのである。現在の中古価格相場を見てみると良品クラスでD300は大体45000円前後、D300sだと大体75000円前後と今だに30000円前後の価格差がある。
この価格差をどうみるかは購入する人の判断によるものだから一概にはどうこう言えないのだが、少なくとも自分は

 ・一眼レフに動画機能はいらない。
 ・基本的なスペックはほぼ同等。
 
というのがおおまかな理由だ。
他にも細かい改良点や追加された便利な機能もあるのだが、通常の撮影では必ずしも必須ではなく、30000円の価格差だと余程の思い入れがないとチョッと手が出し難い。
大きな変更点の一つに使用メディアがある。D300はCFカードまたはマイクロドライブ、D300sはCFカードとSDカードのダブルスロット。
共にCFカードを使うのは同じだが、D300はTypeⅠ、TypeⅡどちらでも使えるが、D300sはTypeⅠだけの対応である。

CFカードのTypeⅠとTypeⅡの違いはカードの縦、横の寸法は同じだが、厚みが違う。TypeⅡのほうが2mmほど厚い。
これはマイクロドライブに準じた大きさらしいのでD300は両方使えるのかもしれない。もっとも今となってはマイクロドライブなんていうメディアを探すことはおろか、実際に使うことはまずないだろう。
だからCFカードとSDカードの両方が使えるD300sのほうがこれに関しては大きなアドバンテージがある。
同じメーカーで同じスペック(容量、速度)のCFカードとSDカードを比べた場合、明らかにCFカードのほうが高価である。
そんな訳でD300でもSDカードが使えたらいいのにな~と思うことは当然あるので、今回CFカードアダプターなるものを試しに買ってみた。良く利用する楽天市場のポイントが貯まっていたから実質追金0で購入できた。


          これがCFカードアダプター。 メーカーはわからない。
Dsc01515

このアダプターの横からSDカードを挿して使うタイプだが、一応(SD/SDHC/SDXC)まで対応している。
早速使ってみた印象だが、信号を変換する回路が内蔵されているせいか明らかに単体で使うより書き込みスピードは遅くなる。もっともフルバッファになるまで連写はせず、単写のみの普通の撮影であれば何の問題もなかった。
頻繁に使うことはなくてもいざという時これをいつも忍ばせて置くだけで安心感も一押しだ。
これでD300でもWi-Fi SDカードやFlashAirカードが使えるようになるのはとても喜ばしい限りですね~

2014年5月15日 (木)

サンディスクとレキサーのCFカード

しばらくはカメラ機材の物欲はなるべく抑えようと思っていたら、やっぱり意思の弱い人間はダメですね~
とは言ってもカメラを買ったわけではなく、はてまたレンズを買ったわけでもなく、今回購入したのはレキサーのCFカード。
タイプは「Lexar Professional 800x 8GB」というヤツである。


R0010633_58

ネットで最安値を検索してみたらなんと楽天市場で送料込み2984円。
とはいっても海外リテール品なのでメーカー保証は受けられず、購入販売店の1年保証のみである。
しかし国内正規品と何ら性能的に変わりはなく、8GBのCFがこの値段だったらつい手が出てしまう金額だ。
今となってはデジカメの記録媒体はSDカードが主流だが、私のD300はCFカードを使う機種。
だんだんCFカードの選択肢も減ってきて寂しくなってきたが、まだまだ使う機種が存在する限り無くなることはなかろう。

値段の安さと「800倍速 120MB/s」というスペックに釣られて買ってしまったが、パッケージの裏面を見て思わず唖然!
120MB/sというのはCFカードからパソコンに転送する時の最大速度でカメラ本体からCFカードに書き込む時のスピードは何と45MB/sではないか。これには少々肩すかしをくらった感じだ。
今D300で使っているのは「SanDisk Extreme 8GB」。こちらは書き込み時60MB/sというスピードである。


R0010630_57

どちらもUDMA対応のCFカードだから(勿論D300もUDMA対応)高速データ転送はいいはずだが、実際この2つを使い比べた時、
どれ位差があるものなのか、いつものくだらない検証をしてみた。


          使用カメラはD300  ISO感度200  シャッタースピード1/500秒  絞りF3.5
          保存ファイル形式はRAW+Jpeg(Lサイズ)

という設定で連続撮影を行い、フルバッファーになってからCFアクセスランプが消えるまでの時間をストップウオッチで計った。
あくまで素人計測なので参考程度にお願いしますね。


  Jpeg画質(画質優先)  ノイズリダクション(あり)   Jpeg画質(サイズ優先) ノイズリダクション(なし)

     SanDisk     16秒81                    SanDisk     16秒35

            Lexar      18秒29                                              Lexar              18秒33


という結果になった。

ISO200であればノイズリダクションの(有無)はもちろん、Jpeg画質モードの影響もほとんど差はなさそうだ。


せっかくなのでISO感度を3200の場合はどうかもやってみた。

  Jpeg画質(画質優先)  ノイズリダクション(あり)   Jpeg画質(サイズ優先) ノイズリダクション(なし)

     SanDisk     25秒99                    SanDisk     24秒36

            Lexar      28秒11                                              Lexar              27秒14


ノイズリダクションの影響か、2つとも1秒位の差が出た。
やはり高感度になるほど書き込みに時間がかかるため(ファイルサイズが大きくなる)であろう。
それよりも単純にこの比較、やっぱり書き込み速度でやや上回るサンディスクがいずれもレキサーより速かった。
やはりパッと見だけのスペックで判断してはダメなんですね~  ややショックでした~(笑)
まぁ値段を考えれば、レキサーは十分コスパは高いと言えそうだ。
          

2013年11月10日 (日)

プチカスタム

RX100を買うのと同時購入したグリップ(社外品)と純正フィルターアダプター。
Rx100_01

プチカスタムとはいってもこの2つを付けただけなのだが。
ベースリングはレンズ先端部に両面テープで貼り付けるタイプだ。
このベースリングにフィルターアダプターをパチンとはめるだけ。
Rx100_02

フィルターアダプターを取り付けたところ。
以外とこのままでも違和感はない。
Rx100_03

ズーミングするとチョッとカッコ悪いかナ~。
Rx100_04

まだフィルターを付けての撮影はしていないが、いざという時はなかなか便利なアイテムだ。
お試しにいかが~。

2013年6月 8日 (土)

最後のコダック エクタクロームE100VS

Cimg0761



今日何気なく冷蔵庫の中を物色していたら、あった、あった。また期限切れのリバーサル。

前回のプロビア100Fで終わりかと思ったら、奥の隅のほうに追いやられていたようだ。

これもとっくに半年以上も前に期限切れだった。

このエクタクロームE100VS、コダックがリバーサル生産終了してしまったため

すでに流通在庫でしか手に入らなくなってしまった。

だからこれも捨てるのは勿体無いから明日あたり撮りに使ってみようかナ。

でも何を撮りに行くかまだ決まってないんだなぁ。 明日考えるとするか。

2013年6月 4日 (火)

電池アダプター

OM-1に使う電池はH-D型水銀電地だが、今はもう生産はされていない。

それに代わる電池としてSR43(酸化銀電池)を使うわけだが、

H-D水銀電池は1.35V、SR43は1.55V.。

そのままでも使用可能だが、電圧が多少違うから当然露出計に若干誤差が生ずる。

そこで早速購入したのが関東カメラサービス社から販売されている電池アダプターMR-9である。

このアダプターは電圧変換タイプだからこれとSR43を組み合わせることで

H-D型水銀電池に近い電圧を得ようというものだ。

手持ちのデジ一とほぼ同等のEV値だったから、一応合っているのだろう。

ただこのOM-1、電池の消耗チェックはできないから換え時がわからない。

ということは露出計の針が動かなくなったら交換か?それとも故障か?

まぁそんなのはだいぶ先の話だナ。

2013年6月 1日 (土)

ファインダースクリーン

OM-1のファインダー像は大きくて大変見易い。

とても見易いファインダーなのだけれど、

標準で装着されているマイクロマットスクリーンは

視力が弱ってきた自分にはいささかピントが合わせにくい。

そこでヤフオクでゲットしたマイクロスプリットスクリーンに交換した。

やはりこれのほうがはるかにピントは合わせやすくなった。

しかしどちらのタイプもF5.6以上絞ると中央のプリズムに陰りが出るから

厳密なピント合わせはこれ以内で合わせた後、

絞りを調整したほうが良さそうだ。

でも昔はこんな感じで撮ってたっけ?

すっかりAFで撮ることが染み付いてしまったが、

たまにはMFで撮ってみると、何かまた新しい発見がありそうな気がする。

2013年5月30日 (木)

ストラップ&吊り金具

Om1_03


OM-1に標準で付いているストラップ吊り金具は丸いリングのタイプ。

どうも丸いリングだとストラップを通して持ち上げた時、ストラップが

均一に当っていないのが気に入らないので社外品(エツミ)の三角リングの物と交換した。

ついでにストラップもオリンパスのイメージカラーに合わせて青い物に交換。

やっぱり吊り金具はこのほうがしっくりくる。

2013年5月19日 (日)

フジクローム プロビア100F

100f_2

とっくに3ヶ月も有効期限が切れていることを忘れたまま冷蔵庫に入れっぱなしだった。

捨てるのももったいないし、出来上がりを気にしてもしょうがないから、

今日久々にフィルムカメラを引っ張り出して使ってみたぜぇ~。

勿体無いという先入観から1日で36枚を撮りきるのは以外と大変だったなぁ~。

でもやっぱり1枚1枚撮る時の思いや緊張感、現像が出来上がるまでの

ワクワク感はフィルムならではの楽しみの一つと言えよう。

この感覚は決してデジタルでは味わえないぜぇ~。

より以前の記事一覧