2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« JR高崎線 岡部~本庄間 その3 | トップページ | 時期更新する!?(かもしれない)デジ一の機材妄想 »

2016年5月 4日 (水)

アレッ?、D300の調子がおかしい!?

今現在私の所有するカメラのなかで一番稼働率の高いのがD300。そのD300なんですが、ここ数週間前から調子が悪いんです。
どんな症状かというと、何枚か撮影したあと再生ボタンを押しても撮影画像が時々再生しないんです。おまけにこの時メニューボタンを押しても反応なしで液晶モニターには何も映りません。これってすごく不便ですよね。撮った直後の画像はすぐに確認したいし、メニューボタンを押してメニュー画面から設定を変えたい機能だってありますよね。最初のうちはあれっ!?、って感じでしたが、最近はその症状の出る割合が多くなってきました。
その時電源S/WのON-OFFを繰り返してみたり、バッテリーをカメラ本体から抜いてまた入れてみたりと色々試してみましたが、結果は同じでした。それでもしばらくするとまた正常な状態には戻ります。私は三脚使用時にはカメラの電源S/Wは撮影に即対応できるようONのままにしておく癖があるのですが、これを繰り返してきたからいけなかったのか?とも思いましたが、D300以前から今までずっとこの方式でやってきてダメだった事は一度もなく、今回のような症状になってしまったのは初めてです。
しかしライブビューでの撮影やファインダー撮影そのものはできるので今日まで騙し騙し使っているという状況です。
D300の発売は2007年なので来年でちょうど10年が経とうとしているわけですから、それなりにおかしな症状が現れても不思議はないのですが、私がこのD300を中古で購入してからもうすぐ3年。このまま撮影そのものが不能となるまで使い続けるか、そろそろ代替機を見つける時期にきているのか、早かれ遅かれその選択を迫られそうです。
先日の記事でフィルム回帰をしたと述べましたが、D300もその都度あらゆる場面で併用しているので、やはりデジ一もなくてはなりません。沈腐化したかなりの旧モデルを安さで飛び付くのも後々不安が残りますが、かといって最新モデルなんて当然高くて買えないし必要性も感じないので私には2つ前位のモデルでちょうどいいのです。
となるとニコンの場合中古価格が大分お値打ちになってきたD7000辺りになるんでしょうか。D7000も発売が2010年なので決して新しくはないのですが、スペック的に私には十分過ぎます。
デジタルがフィルムに対して絶対的なアドバンテージを持つのは撮影毎にISO感度を自由に変えられる事、露出結果を即反映できる事などが一番に挙げられると思います。しかし保存まで含めたランニングコストに関しては、逆にデジタルのほうが場合によっては高く付きそうです。これはカメラ本体を新品であれ中古であれ定期更新していかなくてはならないからでしょう。この辺は考え様ですが、私は機材コストを抑えるためデジ一は今まで中古でしか購入したことがありません。その結果、別の意味で散材を繰り返してきましたから結局は高く付きましたが。(笑)
そんなわけで二者択一の選択を迫られつつありますが、バケペンも購入してしまったので現状の財布の中身と相談し今後の様子を見守りたいと思います。

余談ですが私がフィルム回帰をし、バケペンを購入するに至った経緯等については下の過去の記事も合わせてご覧いただけましたら幸いです。

          

          プロビア100F +2増感とプロビア400X どちらがいい!?

                    中判よ! 再び!


カメラ(Nikon) ブログランキングへ

« JR高崎線 岡部~本庄間 その3 | トップページ | 時期更新する!?(かもしれない)デジ一の機材妄想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。