2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« JR宇都宮線 東鷲宮~栗橋間 佐間陸橋 その6 | トップページ | 秩父鉄道SLパレオエクスプレス乗車の旅 »

2016年1月23日 (土)

プロビア100F +2増感とプロビア400X どちらがいい!?

久しぶりにフィルムの話題でも・・・。
このご時勢高騰してしまったフィルムで今更撮影しようなんて思っている人って本当に少数派になってしまいましたね。
それでもフィルムで撮り続けるというのはやはりこだわりがあるからで、趣味で写真を楽しむ以上こだわりを捨ててはいけないのでしょう。
そんな私も最近デジタル化の波に色々な意味で疲れてきてしまい、またフィルム回帰しようと思い始めました。
もちろんデジタルにはデジタルの良さ、フィルムにはフィルムの良さがあるのでそれぞれのメリットを生かしていくため今後も同時並行してやっていくことに変わりはありませんが、この先いつまでフィルムが生産され続けられるのか現時点ではわからないし、私自身もあと何年生きられるのかもわかりません。オッと、余命宣告されたわけではないですよ。(笑)
なのでフィルムが生産され続けられる限り、そして私も生きていられる限り趣味としてカメラとじっくり向き合って過ごす時間も有意義に、そして撮影後の写真は形のある物として残したいと考え、昨年末辺りからこう思うようになりました。
やっぱりデジタルってフィルムで撮っている時のようなワクワク感、ゾクゾクするような感覚がないんですよね~。 ピントや露出が撮影者の視覚や経験に基いた感覚で撮影結果がすべて決まってしまうフィルムはやはり緊張感が違いますし、撮影後の充実感も生まれます。もちろんその中に何枚かは失敗写真もあることでしょう。しかしそれを次に生かすための貴重な判断材料になります。
やはり趣味で写真を楽しむ以上本来こうあるべきだとつくづく思います。限られた人生楽しんだモン勝ちですヨ! なんてネ(笑)
なので私が今後撮影するデジタル写真はバックアップもしくは記録写真がメインとなることと思います。

前置きが長くなってしまいましたが、タイトルの本題へ。
最近では鉄道撮影がメインとなってきたので撮影スタイルもだいぶ変わってきました。
鉄道撮影とは一口に言っても駅撮り、スナップ、固定位置にて走行中の編成写真、風景も取り入れた写真などピンきりですが、たぶん一番多いのは編成写真ですよね。よってこの場合、被写体(列車)は動いているものなので列車の速度と焦点距離、列車に対する撮影角度にもよりますが、なるべくシャッタースピードは早く(1/500秒以上)切りたいものです。しかもできるだけパンフォーカスでも撮りたいので絞りも中間絞り(F8前後)くらいまでは絞ります。
私の場合ですと編成写真はシャッタースピードは大体1/640~1/1000秒、絞りはF8前後、ISO200という設定でほぼ満足のいく露出が得られる場合が多いです。まぁ基本RAW撮りなのであとでいくらでも修正できてしまいますけどネ。これはデジタルの強みですね。
しかしこの時の感度がISO200というのは晴天時の場合です。曇天時や夕方などの時は明らかに露出アンダーとなります。こんな状況でも高感度画質に優れた最近のデジ一ならある程度感度を上げても何ら不都合はない事と思います。問題はこれをフィルムで撮る場合。リバーサルのプロビア100Fだと+2増感(ISO400相当)までできるので十分対処できるハズだと思うのですが、だったら最初からプロビア400Xを使えばいいじゃん、っていう意見も出てきます。いざという時はプロビア400Xも+2(ISO1600相当)まで増感できるし。アレッ?、そう言えばプロビア400Xは昨年末に生産終了になってしまったんですね。う~ん残念。あとは流通在庫のみの販売だけか。急いで買わないといずれ流通在庫も払拭して完全になくなるってことですね。
ところで本題のプロビア100Fの+2増感とプロビア400X、画質的にどれ位の違いがあるんでしょうか。私もフィルム時代試したことがないのでわからないのですが、ネットで色々検索して調べてみても各々個人の主観や感じ方の違いがあるため意見もマチマチですね。プロビア100F +2増感でも全然イケるよ、っていう人もいれば、プロビア400Xを使ったほうが画質がいいよ、っていう人もいたりする。どうやらプロビア100Fで+2まで増感するとコントラストやカラーバランスの乱れが生じる場合があるためあまりおススメできないらしいですね。(+1は大丈夫)。逆にプロビア400Xは増感が前提で作られているため+2でもOKらしいです。でも最終的には自分の目で確かめてみないと何とも言えないですね。
プロビア100Fとプロビア400X。現時点で価格差を見たらプロビア400Xのほうが高値ですが、プロビア100Fを増感現像すると現像代が通常の現像よりも割高になるので、フィルム一本当りのトータルコストはほとんど変わらないか、むしろプロビア400Xのほうが安いのかもしれません。
そこで私なりに考えた末、プロビア400Xでないと撮れない場合も往々にしてあると思うので今のうちに無くなるまではプロビア400Xを買っておこうかなと思っています。
そしていつの日かプロビア400Xが購入できなくなったらどうするか? それはその時になったらまた考えることにします。(汗)


フィルムカメラ ブログランキングへ

« JR宇都宮線 東鷲宮~栗橋間 佐間陸橋 その6 | トップページ | 秩父鉄道SLパレオエクスプレス乗車の旅 »

フィルムカメラ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。