2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2017年3月26日 (日)

今後のフィルム事情を考えてみる

今バケペンで常用しているリバーサルはプロビア400Xが中心でしたが、昨日アマゾンでこのフィルム(120)を覘いてみたら、なんと5800円まで高騰していました。プロビア400Xはすでに生産終了となり現在流通在庫のみの販売になっています。
ネットではアマゾンが唯一身近な存在として昨年は実質1箱4000円位で2箱購入することができ、そして先日その2箱すべてのプロビア400Xを使い切ってしまいました。
おそらく値段の高騰は価格の安かったストアの順次在庫払拭によるものだと思いますが、扱うストアも残り少なくなってきていよいよ入手困難な状況になってきました。プロビア400Xの120でも135でも使用期限が2017年9月迄となっているものがほとんどのようなので、仮に今買い溜めをしても9月までにすべて使い切れるかどうかわからないし、さすがにここまで高騰してしまってはコスパ悪すぎなので、ここでプロビア400Xを使うことに見切りを付け、これからはその代替えとしてプロビア100Fを使っていくことにしました。というよりもうプロビア100Fしか選択肢はありませんでした。そして先日アマゾンでプロビア100Fを買いました。



          120フィルムは5本セットで1箱3700円位でした。1490513062076_2


          使用期限も2018年11月迄あるので安心です。1490513076279_3


          次いでにF100用に135も1本買いました。1490513088645


プロビア100Fを使って鉄道撮影する場合は、駅でのスナップや流し撮りでもしない限り、ISO100のまま走行中の編成写真等を撮るというのは、撮影条件が良くてもチョッと厳しいです。このフィルムはプラス2まで増感できる(ちなみにベルビアはプラス1まで)ので、普通の撮影においては十分に常用フィルムとして使う事ができます。
問題は今までプロビア400Xでもやむを得ずプラス1の増感をして撮っていたこともあったので今後もしそういう撮影状況になってしまった場合どうするか?ですね。あとは明るいレンズを新調するか(これもまた選択肢がほとんどない)、ISO400か800のネガを使うかしかなさそうですね。 う~ん、ますますフィルムを取り巻く環境がきびしくなりそうですが、フィルムの供給がストップされないかぎり、あるいは私が生きているかぎり(笑)、フィルムで撮り続けていきたいと思います。

     なぜフィルムで撮りたいのか?  それは撮ってきた証を形あるものとして残したいから。




フィルムカメラランキング

2017年3月19日 (日)

JR中央本線 小淵沢~長坂間 

年末から正月休みの次の週末は、あと一回分残っていた18切符を使い、せっかくなのでちょっと足を延ばして普段は中々行けないJR中央本線は小淵沢~長坂間の通称「長坂カーブ」と呼ばれる有名撮影スポットへ行ってきました。
この日は特にネタと呼べるモノも無く、18切符の有効期限が10日までだったこと、そして天気もバッチリ快晴だったこともあって問答無用で計画を実行しました。
ここ「長坂カーブ」までは最寄駅である長坂駅から歩いても10~15分位で行けるとても便利な場所です。現地に到着するとすでに同業者の方が1人いらっしゃいました。このあとしばらくしてから私のあとに2~3名の方が撮りに来ていました。
やはり人気スポットなんですね。特にネタは無くとも撮影者の絶えない場所です。



撮影日2017年1月7日




     長坂駅に着いてすぐホームから撮った山梨の名峰「甲斐駒ケ岳」。この位置からだと午後遅くなると逆光になります。P3192457_510          PENTAX 67Ⅱ+ SMC PENTAX 67  200mm F4  1/250秒  F11  ISO400  使用フィルム(プロビア400X)




     現地に着いてセッティングを終えるとほどなくしてブルサン+タキがやって来ました。(列車番号不明!?)
     バックの「八ヶ岳」、思っていたよりも雪が少なかったです。(翌日大雪だったようですね)P3192458_511_2          PENTAX 67Ⅱ+ SMC PENTAX 67  200mm F4  1/1000秒  F8  ISO400  使用フィルム(プロビア400X)




     14M E351系 特急「スーパーあずさ 14号」。  E351系もそろそろ引退の声も・・・。
     これも今のうちに沢山撮っておきたい列車の一つですね。P3192459_512          PENTAX 67Ⅱ+ SMC PENTAX 67  200mm F4  1/1000秒  F8  ISO400  使用フィルム(プロビア400X)




     66M E257系 特急「あずさ 16号」。P3192460_513          PENTAX 67Ⅱ+ SMC PENTAX 67  200mm F4  1/1000秒  F8  ISO400  使用フィルム(プロビア400X)


200mmのレンズを使ってこの構図で列車の前面にピントを合わせるとF8に絞ったくらいではパンフォーカスとはならず、遠景の八ヶ岳や一番手前の線路はボケています。改めて6×7フォーマットの被写界深度の浅さがわかりますね。




     537M 211系 普電。  今度は下り列車を撮ってみました。時間的にやや逆光気味となってしまいました。P3192461_514     PENTAX 67Ⅱ+ SMC TAKUMAR 6×7  135mm F4  MACRO  1/1000秒  F8  ISO400  使用フィルム(プロビア400X)




     15M E351系 特急「スーパーあずさ 15号」。 順光で撮るには早朝でないとダメですね。P3192462_515     PENTAX 67Ⅱ+ SMC TAKUMAR 6×7  135mm F4  MACRO  1/1000秒  F8  ISO400  使用フィルム(プロビア400X)




     70M E257系 特急「あずさ 20号」。 最初に200mmで撮った同じ位置から今度は135mmで撮ってみました。
     同じピント位置で同じF8で撮っても200mmよりは大分パンフォーカス気味になっているのがわかります。P3192463_516     PENTAX 67Ⅱ+ SMC TAKUMAR 6×7  135mm F4  MACRO  1/750秒  F8  ISO400  使用フィルム(プロビア400X)


ここにアップした物の他にも普電も何枚か撮って、この日だけで10枚撮り切った時点で終了となりました。
このあとはまた長坂駅まで戻り、電車に乗って家に着く頃にはもう夜になってしまいました。
自分としてはかなり雪化粧をした八ヶ岳が見られなかったのがチョッと心残りでしたが、丸一日かけて往復の列車の旅と撮影ができたことには満足です。絶対にまた訪れてみたくなるスポットですね。




鉄道写真 ブログランキングへ




フィルムカメラ ブログランキングへ

2017年3月11日 (土)

OM-D E-M10 MarkⅡにカメラグリップを装着してみました!

          

               あれから6年。被災された方につきましては心よりお見舞い申し上げます。

*****************************************************


先日の事ですが、E-M10 MarkⅡのオプションで販売しているカメラグリップ(ECG-3)を買って装着してみました。
とはいっても新品は高いのでなかなか買おうとは思っていなかったのですが、たまたまネットで美品の中古を見つけ新品の約半値くらいで購入することができました。
E-M10 MarkⅡはコンパクトさゆえにとても機動性はいいのですが、その形状からお世辞にもグリップし易いとはいい難いのも事実。そんなふうに感じておられる方も少なからずいらっしゃることと思います。このグリップはバッテリーグリップとは違ってグリップするだけなのでそれほどデカくならず、見た目もわりとスッキリとした印象です。


1489225654199_2


1489225679804_2


1489225696427


1489225710416


1489225744029



            底のレバーをスライドさせたままグリップを持ち上げるとこんな感じに外れます。グリップはプラスチック製です。1489225756368


それで実際に使ってみた感想は結論から申し上げますと、手持ち撮影される方の場合、

     ゼッタイに おススメ!  です。

特別それほど手が大きくない人でもこのグリップを着けることによりカメラのホールド性は格段にアップします。ということはカメラをしっかりと構えることができるので手振れに対してもより強くなるのでは!?、そんな感じさえします。
ちなみにこのグリップ自体の重さを計ってみたら、約90gでした。E-M10 MarkⅡに装着するとE-M1とほぼ同じくらいの重さになってしまいますが、まぁこれは仕方がないですね。これでも軽いほうではないでしょうか。
ただし三脚使用が多い方の場合あまりメリットはないかもしれません。どのみちバッテリーやら、SDカードやら交換したい場合は雲台から外すことになってしまうので。(汗)  でも私は手持ちでも三脚使用でも付けっぱなしにしています。(笑)




カメラ(OLYMPUS) ブログランキングへ

 

2017年3月 4日 (土)

青春18切符の旅 後編

二日間神戸の町を思う存分満喫した翌日はまた自宅に戻るために18切符での列車の旅が始まりました。
この日も早朝のまだ暗いうちに六甲道駅に向かい最初の電車を待ちました。早朝はやっぱり寒いです。



撮影日2017年1月2日




     また芦屋まで普電に乗りました。そして芦屋から米原行きの普電に乗り換えです。P1021489_477



     7時28分新大阪に到着です。P1021492_478



     段々朝陽も昇ってきました。この日も快晴です。(新大阪~茨木間)P1021495_479



     9時10分彦根に到着。型は違いますが、行きの時にも見た近江鉄道の車両です。P1021501_480



     9時15分米原に到着しました。P1021502_481



     米原駅では色々な特急列車を見ることができました。
     ちょうど「ワイドビュー ひだ25号」(2025D)が出発するところです。P1021504_482



     多分!? 「特急 しらさぎ4号」(4M)かな?  米原で併結車両の切り離しをしていました。P1021508_483



     米原からは大垣まで普電に乗り、大垣から「新快速 豊橋行き」に乗りました。
     豊橋駅でまた昼食にしました。      P1021509_484



     豊橋から浜松まで普電に乗りました。  13時16分浜松に到着。P1021510_485



     反対側ホームの折り返し下り列車です。P1021513_486



     次に乗る列車がやってきました。  14時9分発の静岡行きです。この電車は超満員でした。P1021514_487



     15時20分静岡に到着。  一本遅らせ次の普電で熱海に向かいました。
     帰りも富士山がとても綺麗でした。(富士~吉原間)P1021516_488



     17時ちょうど熱海に到着しました。辺りはすっかり暗くなってしまいました。
     熱海からはまたグリーン車に乗ることにしました。 17時37分熱海発「快速アクティー 小金井行き」で
     最後を締めくくります。 P1021519_489



     18時47分横浜に到着。 やっと関東に戻ってきました。 P1021521_490



     20時15分 無事に久喜に到着しました。 これで帰りの長い18切符の旅も終わりました。P1021522_491


朝暗いうちからまた夜になるまで半日以上電車に乗っていることも決して楽だとはいえませんが、車窓から頻繁に移り変わる景色を眺めながらの列車の旅もいいものだな!と改めて思いました。
次はいつになるかわかりませんが、機会があったらまた18切符を使っての列車の旅を満喫できたらいいな!? と思います。




鉄道写真 ブログランキングへ



カメラ(OLYMPUS) ブログランキングへ

2017年2月26日 (日)

神戸の町 散策その2

年が明けた翌日は元旦。新年のスタートは天気も良くとても静かな朝を迎えました。
そして午後からは近くの六甲神社へ初詣に行った後は三ノ宮駅~元町駅の周辺、神戸港までぶらりと散策をしてきました。
町のスナップはすべて標準ズーム12-50mmのW端(12mm) で撮っています。



撮影日2017年1月1日


P1011462_465          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  1/320秒  F5.6  ISO200




P1011466_466          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  1/800秒  F5.6  ISO200




P1011469_467          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  1/1600秒  F6.3  ISO200




P1011471_468          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  1/2500秒  F6.3  ISO200




P1011476_469          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  1/1600秒  F6.3  ISO200





     ここで初めて望遠ズーム40-150mmを使いました。まずはW端(40mm)です。P1011477_470          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R  1/1600秒  F5.6  ISO200





     これはT端(150mm)です。P1011480_471          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R  1/1600秒  F5.6  ISO200





     また駅のほうに戻りました。P1011482_472          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  1/250秒  F5.6  ISO200




P1011483_473          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  1/100秒  F5.6  ISO200




P1011484_474          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  1/80秒  F5.6  ISO320





               デジタルシフト補正あり。P1011486_475          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  1/100秒  F5.6  ISO200




               これもデジタルシフト補正あり。P1011488_476          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  1/320秒  F5.6  ISO200



前日とこの日ずっと使っていて改めて思いましたがE-M10 MarkⅡはデジ一のサブとしても、こういった町のスナップとしても機動性は抜群ですね。
重さを調べてみたら、E-M10 MarkⅡ本体に12-50mmと40-150mmのレンズを加えてもD300sの本体とほぼ同じくらいの重量なんですね。(笑)
神戸の町は夜もいいですが、日中ぶらりと歩きながらの散策も良かったです。翌日はまた早朝に出発して帰るのでこの日は早めに寝ました。





カメラ(OLYMPUS) ブログランキングへ

2017年2月19日 (日)

神戸の町 散策その1

このシリーズは前回の記事からの続きになります。
神戸に着いた夜は神戸ポートタワー近くのレストランで夕食をし、そのあと近くを散策しながら温泉に行きました。
神戸の夜景はとても綺麗だと聞いていたので早速散策がてら夜景スナップを撮りに行きました。



撮影日2016年12日31日



Pc311433_460          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  1/4秒  F6.3  ISO3200(オート)




Pc311440_456          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  1/6秒  F6.3  ISO3200(オート)




Pc311443_457          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  1/4秒  F6.3  ISO3200(オート)




Pc311444_458          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  1/80秒  F6.3  ISO2000(オート)




Pc311454_459          OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ  1/5秒  F6.3  ISO3200(オート)


ちなみにですが、すべて12mmのW端で撮っています。一枚目はOLYMPUS Viewer 3のデジタルシフトで補正しています。
二枚目以降はそれの補正なし。五枚目はトリミングありです。
1/4~1/6秒というスローシャッターを余儀なくされる場面がほとんどでしたが、しっかりと構えて撮れば、すぐれた手振れ補正の恩恵もあってごく普通に撮ることができました。
次回は昼間に撮った同じ神戸の町のスナップを載せてみたいと思います。




カメラ(OLYMPUS) ブログランキングへ

2017年2月12日 (日)

青春18切符の旅 前編 

2016年最後の大晦日の日は青春18切符で神戸に行って来ました。
瞬間移動してしまう新幹線とは違い、その土地土地の雰囲気を肌で感じながら思う存分のんびりとした列車の旅を味わうことができました。私はもとよりとりわけ乗り鉄の方にとってもこの上ない楽しみ方の一つなのではないかと思います。
そしてカメラは買ったばかりのE-M10 MarkⅡだけを持って車内や各地でのスナップを撮ってきました。まぁこれが私にとってはメインの楽しみなのですが、丸一日を通して使うことでカメラに慣れるという意味でも結果的に良かったのではないのかと思っています。
今回は往復18切符を使いましたが、行きを前編、帰りを後編として記事にアップしてみたいと思います。



撮影日2016年12月31日



     朝チョッと寝坊してしまい始発に乗れませんでした。でも静かな早朝のホームでした。

Pc311367a_433_2



     7時16分JR宇都宮線久喜駅で上野東京ラインに乗り換えて熱海まで行きました
     静かな環境で少し寝たかったのでグリーン車に乗りました。ここからスタートとなります。Pc311376a_434



     都心を通過中です。(新橋~品川間)Pc311379a_435



     9時23分国府津駅に着きました。Pc311382a_436



     海が見えてきました。天気も良くてとても綺麗です。(早川~根府川間)Pc311383a_437



     もう一枚。(根府川~真鶴間)Pc311388a_438



     9時52分熱海に着きました。 写真は伊豆急線です。Pc311392a_439



     一本見送りました。(1429M)Pc311393_442



     次に乗る電車が来ました。(435M) 313系と210系の併結でした。 Pc311394a_441



     10時16分熱海を出発しました。ここからはJR東海のエリアです。Pc311395a_443



     途中富士山も綺麗でした。(東田子の浦~吉原間)Pc311402a_444



     先頭の210系です。Pc311412a_445



     12時ちょうど島田駅に着きました。このあとすぐ浜松行きに乗りました。Pc311413a_446



     12時53分浜松駅に到着。次は13時3分発の豊橋行きに乗りました。(943M)Pc311415a_449



     13時37分豊橋駅に到着。ここで昼食(立ち食いそば)を摂りました。
     食べた後は14時3分発の快速米原行きに乗りました。(5511F)Pc311417a_450



     16時9分米原駅に到着。近江鉄道の車両も停車中でした。
     次は16時18分発の新快速で芦屋まで行きます。(3491M) ここからJR西日本のエリアです。    Pc311419a_451



     17時12分京都駅に到着。陽もだいぶ沈んで暗くなってきました。Pc311421a_452



     17時59分やっと芦屋に着きました。辺りはすっかり暗くなってしまいました。これは上り列車です。Pc311422a_453



     今日最後の乗り換えです。Pc311423a_454



     18時16分無事に六甲道駅に到着し、この日の列車乗り継ぎの旅は終わりました。Pc311425a_455


実質休憩を含めて約12時間の長旅でしたが、以外とそれほど疲れたという感じはなかったです。また帰りも18切符で帰るのでこの日は温泉に入ってゆっくり休みました。




鉄道写真 ブログランキングへ



カメラ(OLYMPUS) ブログランキングへ

2017年2月 5日 (日)

ペンタックス67Ⅱ セカンドインプレッション

特にこれと言って記事ネタにするものが無くなった訳ではないのですが、ブログにアップする写真の作成から整理まで中々追い付かないというか、実際出来ない日々が多いんですが(単に面倒くさがり屋なだけ)、こんな時はやはり機材ネタという訳で、今回はバケペンの事について記事にしようと思います。
私のバケペンも途中何度かエラー表示が出て撮影が出来なくなったなんて場面もありましたが、それ以外は特にこれといったトラブルもなく、こんにちまで快調に撮影をこなしてくれています。以前ペンタックス67Ⅱ ファーストインプレッションという記事を載せたことがありましたが、ちょうど使い始めて1年以上経ったのを期に今回はセカンドインプレッションというタイトルを付けさせていただきました。
そして私が実際使ってみて気になった点などをいくつかご紹介したいと思います。


 1: ファインダー視野率が90%しかない。

これは先代の67、6X7の時もそうでしたが、67Ⅱ専用のAEプリズムファインダーや旧型のTTLファインダー、プリズムファインダーはすべて視野率90%です。なので構図決めをする時は少し気を使います。かつてバケペン使いは一度ファインダーを外した状態で構図決めをするのが儀式というか慣わしだったようですね。まぁどれ位の方がこうやっていたのかは定かではありませんが、少なくとも私にはいちいちファインダーを外してなんて面倒なことはやっぱりできませんでした。(笑)
なので微妙なフレーミングはほとんどカンです。あるいは余計なものがなるべく写り込まないような構図を工夫するとかですかね。でも実際は自分の予想に反して余計なものが写っている場合のほうが多かったりします。(笑)
視野率100%は無理でもせめて95%位にはして欲しかったです。


 2; AEプリズムファインダーの倍率が下がった。

旧型のTTLファインダーやプリズムファインダーは同じ視野率が90%でもファインダー倍率は1倍でした。そして67Ⅱ専用のAEプリズムファインダーは0.75倍とかなり下がってしまいました。これはファインダーを覗いた瞬間かなりの差としてわかります。MFでのみピント合わせを行うバケペンにとってこれも私にとってはチョッとマイナス面だったりします。
例えていうなら、ソニーのα900と中級APS-C機位の差があります。でもファインダー自体はAEプリズムファインダーのほうがはるかにクリアで明るくなっているのでこの辺りはイーブンでしょう。内蔵露出計も意外と正確なのでむしろこのファインダーの使い勝手を歓迎するべきなんでしょうね。どうしても大きいファインダー像が欲しければ67Ⅱにも旧型のTTLファインダー以外は装着可能なのでこちらをどうぞという感じなんでしょうか。でもこうした場合、別に単体の露出計が必要になるんですよね。(苦笑)


 3: 露出補正ダイヤルとバーグラフは1/3ステップなのにファインダー内表示は1/2ステップ。

私はAEプリズムファインダーでもすべてマニュアル露出で撮るのでそれほど気にはなりませんが、ファインダー内にはプラスマイナスのバーグラフとその時のシャッタースピードが数字で表示されます。そしてバーグラフの目盛りは1/3刻みですが、シャッタースピード表示は1/2ステップなんですね。実際には大した差にはならないのでいいのですが、チョッと戸惑うこともあるかもしれません。


現時点ではこんなところでしょうか。
上記の3点に共通しているのは、すべてファインダー絡みのものなので、その他に関しては特に不満は無いという事なのでしょうね。

そして67Ⅱも645と同様、ユーザーが使いやすさを向上させる目的でメーカーが改造を受け付けています。(今現在どうかは不明なので要確認) バケペン(67Ⅱ)を購入してすぐだったので確か一昨年の11月だったと思います。直接新宿にあるペンタックスフォーラムへバケペンを持ち込んで 「まだ改造は受け付けていますか?」 と尋ねるとまだ受け付けてもらえるとの事。シャッタースピードの精度や各部の点検もそこで無料で診てもらえました。各部に異常がないことを確認した上で改造についての詳細を担当して下さったスタッフの方が丁寧に説明してくれました。


改造の内訳ですが、


(1) シャッター速度の0.5段階の改造

(2) 測光タイマーの時間変更

(3) ファインダー内へ設定絞り値表示

(4) 横吊り用ストラップ金具取付改造


以上の4点が67Ⅱの改造内容ですが、(1)(2)(3)については依頼個数にかかわらず同一料金(3000円ちょっと)、(4)については別途料金(これも3000円ちょっと)が掛かるとの事でした。
(4)についての改造はシャッターボタンのすぐ横辺りに穴を明けて金具を取り付ける感じだったのでここにストラップがくるとかえって邪魔になりそうな感じだったので(4)以外の(1)~(3)をお願いしました。
特に(1)と(3)についてははっきりと使いやすくなったことが実感できました。

(1)はシャッターダイヤルで任意のシャッタースピードに合わせた時、そこを中心にISO感度レバーを上にやると1/2段速くなり、下へやると1/2段遅くなります。例えばシャッタースピードを1/500に合わせた場合、上にやると1/750、下へやると1/350になります。
鉄道撮影の場合状況に応じてこの中間シャッタースピードが使えるというのはとても助かります。走行中の編成写真を捉える場合1/500~1/1000の間が多いんですがこの二つだけだとちょっと開きがありすぎるんですよね。この場合だと1/750が使えるのと使えないのとでは大分違います。
もしや!? と思い試しにシャッターダイヤルを1/1000に合わせレバーを上にやってみましたが、やっぱり1/1000のままでした。さすがにこれより速くなるわけないですよね。(笑)
そして今度は何気なく一番遅い4sで試したら上にやると確かに3sでしたが、下にやってみたらなんと6sになったではありませんか。明らかに速度も違うので間違いないですね。一体どういうこっちゃ?

(2)は時間を5秒、10秒、20秒、30秒のいずれかに変更できるというものなんですが、こんなのは最初から好みの時間に設定できるようにならないものかと思いましたが、私は20秒にしてもらいました。

(3)は実際に使用するレンズの開放F値を入力することでその時の設定絞り値が表示されるというものでこれも上からいちいち絞りリングを覗かなくてもファインダー内表示で確認することができます。ただこの改造をするとフィルム枚数表示がされなくなります。でもフィルム枚数表示は上部液晶パネルで確認できるのでとくに不便さは感じませんでした。

トータル的にみてバケペンの改造はやって正解でした。あとはレンズの追加と自分自身のスキルアップですかね~





フィルムカメラ ブログランキングへ

2017年1月29日 (日)

JR上野駅 13番線ホーム

今回の記事ですが、以前に伊豆急行線 稲梓~蓮台寺間という記事を載せたことがありました。この記事の終わりのほうで帰りに東京まで特急「踊り子」に乗った事を書きました。実はこの時このまま真っ直ぐ帰った訳ではなく、時間的にちょうど下り「カシオペア」の運行日と時間が合った事もあり、せっかくなのでこの日(2016年1月2日)は上野駅に寄り道して発車前のカシオペアを撮ってきた訳です。
ある程度予想はしていましたが、お正月休み中ということもあってか、ホームはすでにギャラリーでいっぱいでした。
上野駅で撮影するのは私がまだ小学生だった頃の記憶があります。もうかれこれ四十年以上も前の事でした。その時もやはりブルートレインを撮りたくて夢中になっていたものです。 あ~懐かしい~
そしてJR上野駅 13番線ホームは今までに数々の北国へ向かう夜行列車やブルートレインなどの出発の起点ともなった言わば上野駅を象徴するシンボル的な存在なのかもしれませんね。そんな13番線ホームを出発する夜行列車は今「カシオペア」だけとなってしまいました。なのでその「カシオペア」も上野駅で撮れるうちに撮っておこうと思い、一年が経ってしまいましたが今回記事に載せてみることにしました。



撮影日2016年1月2日




Dsc_7014_402          D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/25秒  F5.6  ISO400




Dsc_7022_403          D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/20秒  F4.8  ISO640




2          D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/20秒  F5.6  ISO640




Photo          D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/50秒  F4  ISO640




Dsc_7031_405          D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/80秒  F4  ISO640




Dsc_7032_406          D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/60秒  F4  ISO640




Dsc_7034_407          D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/80秒  F4  ISO640




Dsc_7035_408          D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/80秒  F4  ISO640




Dsc_7036_409          D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/40秒  F4  ISO640




1               D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/25秒  F5.6  ISO640




Dsc_7047_411          D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/20秒  F5.6  ISO640




Dsc_7051_412          D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/50秒  F5.6  ISO640




Dsc_7054_413          D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/40秒  F5.6  ISO640





     14番線ホームからも撮ってみました。Dsc_7057_414          D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/30秒  F5.6  ISO640





     最後は尾久駅まで先回りして走り去っていく姿を撮りました。Dsc_7080_415          D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/500秒  F5.6  ISO640





     後追いです。Dsc_7084_416          D300+AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED  1/500秒  F5.6  ISO640



今上野駅では13番線ホームと14番線ホームとの間に今年の5月から運行予定の「TRAIN SUITE 四季島」の専用ホームとして四季島ホームが着々と造られていますが、完成後はなんと「13.5番線ホーム」になるそうですね。
この「TRAIN SUITE 四季島」の運行後はカシオペアの運行がどうなっていくのかまだ未定ですが、少なからず何らかの影響はありそうな気配です。私は個人的には寝台列車はやはり機関車が牽引する客車寝台列車のほうが好きなので、いつまでも存続し続け走ってもらいたいものです。そして何時かは是非乗ってみたいと思う毎日です。





鉄道写真 ブログランキングへ



カメラ(Nikon) ブログランキングへ

2017年1月16日 (月)

JR宇都宮線 蓮田~東大宮間 その2

今回は昨年の11月にヒガハスへ行ってきた時に撮ったモノになります。
この日は特に撮影に行こうと予定していた訳ではなかったのですが、たまたま家族が東大宮まで用事があるので車で乗せてって欲しいと言われたので、それじゃせっかくそこまで行くのなら時間潰しにヒガハスに行ってみようか!? となったわけです。

ここは前回の記事のJR宇都宮線 蓮田~東大宮間(ヒガハス)をアップしてから早いもので2年が経ったんですね。
今回はこの時の定番スポットとは反対側から撮影をしました。やはり超有名撮影地らしく誰かしら何人かのカメラマンは必ずいます。



撮影日2016年11月13日




     1084M  特急「きぬがわ4号」P1031533_394_399     PENTAX 67Ⅱ+ SMC TAKUMAR 6×7  135mm F4  MACRO  1/1000秒  F8  ISO400  使用フィルム(プロビア400X)




     94レ  EH500-21P1031535_395_400     PENTAX 67Ⅱ+ SMC TAKUMAR 6×7  135mm F4  MACRO 1/1000秒  F8  ISO400  使用フィルム(プロビア400X)



時間の関係もあってそれほど長い時間はいませんでしたが、バケペンのフィルムが「金太郎」を撮った時にちょうど10枚撮りきったので今回はこれで終了となりました。

今までいつもワシクリばかりだったのでたまにはヒガハスもいいですね。(笑)





鉄道写真 ブログランキングへ




フィルムカメラ ブログランキングへ

«JR高崎線 吹上~行田間 その4